読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小銭を稼ぐ-記憶力皆無の備忘録-

記憶力皆無!少しでも記録をのこしていきたいです。

世界の王が変わっても小銭は降らず。

先日の記憶。

 

20,30はお客様感謝デー(棒

 

と、いうことでイオングループのダイレクトマーケティング

終わりです!

 

近所のスーパーがイオン系なのでどうしてもそういうネタが

多くなるかもしれません。

 

スーパーなどのキャンペーンには値引き、ポイント2倍、クーポンの配布など

様々な方法がありますが、

 

直接的な値引きが一番うれしいですね。

生鮮食品の場合は均一の値段ではないので、割り増しになっている

可能性もありますが。

 

冷凍食品などの場合は固定値ですからね!

5%オフはとてもうれしいです。

 

5%OFFとポイント2倍の価値について少し考えてみましょう!

 

5%OFFの場合

アンダーバーを引くまでもないのですが・・・笑

 

簡単のために200円のものを買ったと仮定しましょう。

200*0.95=190(円)

 

と10円引きですね!ちりつもちりつも。

 

ポイント2倍キャンペーンの場合

 

たとえばWAON POINTの場合はもともと200円に1P(1P=1円で使用可能)

 

なので0.5%還元ですこれが2倍になっても1%還元なので

 

200円で2円分のポイントを得ることができます。

 

ポイント5倍キャンペーンの場合

 

0.5*5=2.5%で4円分(理論値の可能性)のポイントが付きます。

 

やはり直接的な値引きの偉大さがわかりますね。

 

またスーパーなどの場合50円引き、100円引きなどの

見切りなど直接的な値引きもありますからね。

 

この小さな積み重ねを続けて1日100円をひねり出したいところです!

 

以前の記事では100円年利5%で積み立てる夢物語を書いてしまいましたので

1%という現実味のある数値で補正して計算結果を残しておきたいと思います。

 

うるう年も考慮して年365.25日

月間3,043.75円を積み立てた場合です。

 

20年後には807,797円(利益:77,970円税引き前)

年利1パーセントでも7万円程度は儲かる!

がんばらないとね!!

 

念のため銀行に預けた場合を考えましょう。

普通預金で年利が高い銀行として

イオン銀行(ダイレクトマーケティング)が有名ですね。

 

イオンカードセレクトを保有していることが条件ですが

現在の年利は0.12%と普通預金金利としては破格です。

 

ここに月額3,043.75円(理論値ですねぇ・・・)を積み立てた場合。

 

20年後には739,174円(利益:8,747円税引き前)

8000円かー・・・

 

メガバンの0.001%でも念のため計算してみよう・・・

 

同一条件で積み立てをした場合・・・

 

1円以下の利息も発生すると仮定しても240円!!

 

実際には1円以下は切り捨てているので

10万円を超える3年目までは0円でしょうか・・・

 

年間に預けている平均のお金に利息は付いてくるので

4年後には1円利息が・・・つくの・・・?

税金が20.315%とられるのでもしかすると2円以上の利息が付かないと増えないのかな・・・

 

6年積み立てれば20万円を超えてくるので

7年目には少なくとも1円利息が付くと思われます!!

やったぜ!!!

 

100万預けても10円しかつかないからね。しょうがないね♪

 

 

本日(1/20)の支出¥2,376

年間トータル支出¥72,182